2002〜2020

  • 2020年(令和2年)


     

    1月〜3月
    TOUR 2019-2020『KICK ON BOOTS』再開

     

     1月18日 埼玉 HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3
     1月23日 函館 club COCOA
     1月25日 札幌 PENNY LANE 24
     1月31日 横浜 F.A.D
     2月14日 広島 CLUB QUATTRO
     2月16日 熊本 B.9 V1
     2月21日 高知 X-pt.
     2月23日 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
     2月28日 仙台 Darwin
     3月01日 盛岡 CLUB CHANGE WAVE

     

    3月
    新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、3月に予定していた6公演の延期を発表。

     

    6月1日
    新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、6~7月に開催を予定していたPremium Acoustic Tour 2020『BLUES BRIGADE II』全公演の中止を発表。

     

    6月21日
    2018年12月にLIQUIDROOM ebisuで行われた『THE MODS SWITCH LIVE』の映像をオンラインで配信。

     

    8月3日
    延期となっていたTOUR 2019-2020『KICK ON BOOTS』京都・名古屋・金沢・大阪・福岡・東京の6公演が、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、中止を発表。

     

    8月3日
    1985年以来、35年振りとなる森山達也のソロ名義作品の発売が発表される。

     

    9月23日
    森山達也が【T.MORIYAMMER】名義でのマキシシングル『GET YOURSELF』を発売。
    森山がこよなく愛する先人達からの影響がストレートに伝わって来る、まるでミュージシャンを志した10代に戻ったかのようなピュアなフィーリングを感じさせる楽曲となっている。

     

    9月30日
    徳間時代のベストアルバム『JUNGLE CRUISE 1991~1994』が高音質CDで再発売。

     

    10月24日
    THE MODS FILM GIG『ロックをトメルナ!』オンライン配信
    2016年のフィルムコンサートで上映された映像を再編集して、Streaming+にて配信。2012年~2015年のライブ映像に加え、TOUR 2019-2020『KICK ON BOOTS』の映像も収録された。

     

    11月4日
    9月のマキシシングルに続き、森山達也のソロアルバムの発売が発表される。

     

    12月23日
    森山達也が【T.MORIYAMMER】名義でのアルバム『ROLLIN’ OVER』を発売。
    35年振りに発表されたソロアルバムは森山の音楽的ルーツを掘り下げた作品となっている。またソロという事もあり、歌詞には想いが込められている。

     


  • 2002年(平成14年)


     

    3月下旬
    初のカバーアルバム『ROCKAHOLIC』完成。

     

    3月27日
    ビデオ『It’s a Kingsway 〜 THE MODS LIVE 2001』発売

     

    3月31日
    2001年からFM福岡で約1年間にわたり森山がレギュラーパーソナリティーを務めた番組『RADIO IL GARAGE』の最終回をイムズホールにて公開録音で行った。ゲストに福岡県出身のプロボクサー坂本博之氏を迎えた。

     

    4月20日
    渋谷 ON AIR EAST『BAND JAPAN FES.』に出演。(W/勝手にしやがれ、SA、What’s Love?、HONGKONG KNIFE、etc…)
    シークレットで全曲カバーの【ROCKAHOLIC】というバンド名で出演。【ROCKAHOLIC】としてはこれが初ライブとなる。このイベント以降、アルバムの意図を体現する為、あえてTHE MODSとは違うアーティストや観客層のライブイベントにシークレットで参加。

     

    5月13日
    アルバム『ROCKAHOLIC』発売
    メンバーがTHE MODSに成るために、そしてTHE MODSがTHE MODSで在るために必要不可欠だった沢山の愛すべきR&Rナンバーから12曲をピックアップし、THE MODSテイストに仕上げたカバーアルバム。最高にチープでチャーミングな音楽が時代を超え、進化して受け継がれていって欲しいという願いが込められている。

     

    6月23日
    日比谷野外音楽堂で行われたイベント『B.L.W』に【ROCKAHOLIC】として出演。(W/ゼリ→、 DRUG STORE COWBOY、10-FEET、HIGHWAY61、etc…)

     

    7月21日
    フジテレビの屋上にて行われた音楽番組『FACTORY』の公開ライブに【ROCKAHOLIC】として出演。(W/MO’SOME TONEBENDER、LOVE JETS、キングギドラ、etc…)

     

    7月22日
    新宿リキッドルームで行われたイベントに【ROCKAHOLIC】として出演。これまで【ROCKAHOLIC】では全曲カバーだったにもかかわらず、この日は最後にTHE MODSのナンバーを突然演奏し、観客を狂喜乱舞させた。(W/怒髪天、GO!GO!7188、THE YOUTH)

     

    8月1日
    大阪マザーホールで行われた朝日放送の番組『INDIES @ GO GO』のライブイベントに【ROCKAHOLIC】として出演。(W/THE COLTS、ROCK’N ICHIRO&BOOGIE WOOGIE SWINGING BAND、怒髪天、etc…)

     

    8月3日
    Zepp Fukuokaで行われたLOVE FMのライブイベントに【ROCKAHOLIC】として出演。(W/NUMBER GIRL、SMOGUS、フラワーカンパニーズ、etc…)

     

    9月29日
    Zepp Fukuokaで行われた『MUSIC CITY 天神 2002』に出演。今年初めてのTHE MODSのライブとなった。(W/RISE、AIR、POT SHOT)

     

    11月1日
    約7年間在籍したアンティノスレコードがエピックソニーに吸収された事を機に、レーベルとマネージメントを兼ねた ROCKAHOLIC Inc. を設立し、独立。新しいステージへのスタートを切った。

     

    11月〜12月
    『FIGHT OR FLIGHT TOUR』
    独立後初となるこのツアーにはデビューアルバムのタイトルがつけられ、さらに書き下ろしの新曲「FIGHT OR FLIGHT」をツアーの全会場でライブレコーディングするというスペシャルなものとなった。またこの音源はROCKAHOLICレーベルの第一弾作品となった。

     

     11月02日 川崎 CLUB CITTA’
     11月05日 熊谷 VOGUE
     11月07日 市川 CLUB GIO
     11月10日 金沢 エイトホール
     11月11日 京都 ミューズホール
     11月13日 神戸 チキンジョージ
     11月18日 宇都宮 VOGUE
     11月19日 仙台 CLUB JUNK BOX
     11月21日 札幌 PENNY LANE 24
     11月22日 帯広 メガストーン
     11月25日 新潟 CLUB JUNK BOX
     11月27日 長野 CLUB JUNK BOX
     11月28日 名古屋 ボトムライン
     12月03日 福岡 DRUM LOGOS
     12月05日 熊本 DRUM Be-9
     12月06日 宮崎 ウェザーキング
     12月08日 大分 DRUM TOP’S
     12月09日 広島 CLUB QUATTRO
     12月11日 大阪 BIG CAT
     12月14日 東京 赤坂BLITZ

     

    12月14日
    赤坂BLITZにて全国20公演の『FIGHT OR FLIGHT TOUR』ツアー終了。

     


  • 2003年(平成15年)


     

    1月1日
    ベストアルバム『THE LEGEND THE MODS GOLDEN 80’s COLLECTION』発売
    80年代の代表曲を網羅した、全曲リマスタリングによるエピックレコード25周年記念ベストアルバム。

     

    1月22日
    ベストアルバム『THE MODS BEST』発売
    徳間ジャパンよりリリースされたスカーフェース時代の楽曲から選曲したベストアルバム。

     

    1月下旬
    ジョー・ストラマーの遺志を継ぎ、自分たちの “スタイル” でライブをやろうと決断。旧友であるクラッシュファミリーのパール・ハーバーの出演交渉に森山、北里の2人が自らLAに出向く。

     

    2月5日
    ビデオ『Paradice』発売

     

    2月
    エピック25周年のイベント『LIVE EPIC 25』に出演。エピック時代の代表曲を3曲プレイしたが、最終日には急遽「I FOUGHT THE LAW」も飛び出した。
    (2月23日のライブの模様を収録したDVD『LIVE EPIC 25』がEpic Recordsより8月に発売された。)

     

     2月16日 大坂城ホール
     2月22日 国立代々木競技場第一体育館
     2月23日 国立代々木競技場第一体育館

     

    3月5日
    アルバム『NO EXCUSE!』発売
    ROCKAHOLICレーベル第1弾、2002年の『FIGHT OR FLIGHT TOUR』の模様をCD+DVDというスペシャル・パッケージで発売。DVDには厳選されたライブテイクのほかツアーのドキュメントも収録。メンバーの楽屋でのシーン、電源が落ちた博多のライブ等、貴重な映像作品となった。

     

    4月
    『LIVE “EXTRA! EXTRA!” with PEARL HARBOUR ~Joe was here~』
    20年ぶりにパール・ハーバーを迎えてのCLASHナンバーに加え、遂に開戦されてしまった世界の状況に触発された選曲が胸に響くライブとなった。

     

     4月21日 大阪 BIG CAT
     4月22日 福岡 DRUM LOGOS
     4月24日 東京 赤坂BLITZ

     

    3会場限定でシングル『F.T.W.』を緊急発売

     

    6月
    2年ぶりになるオリジナル・アルバムのレコーディングを開始。

     

    7月~8月
    精力的に夏のイベントに出演。イベントの合間をぬってTHE HUNDREDSのレコーディングを苣木が初プロデュース。

     

    7月19日
    大貫憲章氏主催のイベント『LONDON NITE』富山 club MAIROに出演。

     

    7月25日
    新潟県苗場スキー場『FUJI ROCK FESTIVAL 2003』に出演。故ジョー・ストラマーの出演が決まっていた雨のホワイト・ステージに出演。

     

    8月5日
    福岡国際センターで行われた『ROAD IN THE SEA 2003』に出演。(W/The Jon Spencer Blues Explosion、Sugarclut、HY)

     

    8月15日
    石狩湾新港樽川埠頭横 野外特設ステージ『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2003 in EZO』に出演。2年ぶりの出演。初日のアーステントのトリをつとめる。(W/nil、BAZRA、GOING UNDER GROUND、etc…)

     

    8月21日
    新潟フェイズで行われた『音楽と髭達 前夜祭』に出演。(W/エレファントカシマシ、THE HIGH-LOWS、nil)

     

    9月3日
    アルバム『COMPADRE』発売
    ROCKAHOLICレーベルからの “ファースト” フル・アルバム。COMPADRE(コンパドレ)とは、相棒、盟友という意味のスペイン語。今後ライブの定番になるであろう楽曲が多く収められた躍動感溢れるアルバムとなった。

     

    9月〜11月
    TOUR 2003『Los Compadres』

     

     09月10日 川崎 CLUB CITTA’
     09月16日 福井 CHOP
     09月18日 神戸 チキンジョージ
     09月20日 高知 キャラバンサライ
     09月21日 松山 サロンキティ
     09月23日 大分 DRUM TOP’S
     09月24日 宮崎 ウェザーキング
     09月26日 長崎 DRUM Be-7
     10月01日 金沢 AZ
     10月03日 京都 ミューズホール
     10月05日 名古屋 ボトムライン
     10月06日 長野 CLUB JUNK BOX
     10月09日 熊谷 VOGUE
     10月12日 郡山 CLUB #9
     10月13日 山形 ミュージック昭和SESSION
     10月15日 秋田 SWINDLE
     10月17日 青森 Quarter
     10月19日 札幌 PENNY LANE 24
     10月22日 静岡 SUNASH
     10月25日 宇都宮 VOGUE
     10月28日 水戸 LIGHT HOUSE
     10月31日 東京 SHIBUYA-AX
     11月02日 福岡 DRUM LOGOS
     11月05日 広島 CLUB QUATTRO
     11月07日 大阪 BIG CAT
     11月09日 宮古島 チョコレートホール

     

    10月
    FM大阪でマンスリーレギュラープログラム『森山達也のROCKAHOLIC RADIO』がスタート。

     

    11月9日
    宮古島チョコレートホールにて全国26公演のツアー終了。熱狂的なツアーファイナルの模様はフジテレビ系『FACTORY』で後日オンエアーされた。

     

    11月21日
    スカーフェイス時代のファミリー、THE HUNDREDSがマキシシングル『デラシネの夢』をリリース。苣木がプロデュース、森山が楽曲を提供した。

     

    12月
    名古屋ELL、福岡DRUM Be-1のTHE HUNDREDSのライブに森山がゲスト出演。

     


  • 2004年(平成16年)


     

    初頭
    今夏発売予定のアルバムの為の曲作りを開始する。THE MODS、2004年の幕開け。

     

    2月5日
    福岡CBで行われた『HAKATA BEAT CLUB』に梶浦が出演。
    浦田賢一(ex.サンハウス)の呼びかけで集まった福岡が生んだR&R DRUMMER達、川嶋一秀(シーナ&ロケッツ)、池畑潤二(ex.ルースターズ)、梶浦の4人からなる “HAKATA BEAT CLUB” の初ライブ。ステージのフロントに4台のドラムセットが並べられ、博多ビートの真髄が披露された。

     

    2月15日
    新宿MARZで行われたTHE HUNDREDSのツアーファイナルに森山、苣木がゲスト出演。

     

    4月
    「本当に最高のモノを創ろう!」というメンバー合言葉の下、初の沖縄レコーディングを行う。

     

    5月9日
    横浜赤レンガ倉庫前特設広場で行われた『Live TOMATO 2004』に出演。(W/奥田民生、CUNE、CHARCOAL FILTER、THE HIGH-LOWS、etc…)小雨が降る中、イベント特有の空気を1曲目の「F.T.W.」で一気にモッズ色に染めた。

     

    7月7日
    アルバム『LIVE WITH ROCK’N’ROLL』発売
    通算36枚目のアルバムをリリース。ロックンロールを “生き方” として選んだ人間にしかできない、真摯でタイトでエモーショナルなロックンロール・アルバムとなった。

     

    7月〜9月
    『LIVE〔laiv〕WITH ROCK’N’ROLL』TOUR

     

     7月14日 横浜 赤レンガ倉庫1号館3Fホール
     7月19日 高崎 club FLEEZ
     7月23日 静岡 SUNASH
     7月29日 長野 CLUB JUNK BOX
     7月31日 京都 MUSE
     8月01日 名古屋 ボトムライン
     8月18日 広島 ナミキジャンクション
     8月20日 日田 スカーフェイス
     9月02日 仙台 CLUB JUNK BOX
     9月04日 金沢 エイトホール
     9月05日 新潟 CLUB JUNK BOX
     9月08日 宇都宮 VOGUE
     9月12日 熊谷 VOGUE
     9月17日 大阪 BIG CAT
     9月19日 高知 キャラバンサライ
     9月20日 松山 サロンキティ
     9月23日 福岡 DRUM LOGOS
     9月25日 東京 SHIBUYA-AX

     

    8月8日
    『SUMMER SONIC 2002』大阪 ROCK STAGEに出演。(W/Green Day、Avril Lavigne、The Damned、etc…)

     

    8月22日
    長崎県稲佐山野外ステージで行われた『Sky Jamboree ’04』に出演。(W/KEMURI、サンボマスター、10-FEET、ASIAN KUNG-FU GENERATION、etc…)

     

    9月25日
    SHIBUYA-AX公演にて『LIVE〔laiv〕WITH ROCK’N’ROLL』のツアーファイナルを迎える。

     

    10月
    ツアー終了後、間髪入れず次作シングルのレコーディング。

     

    11月
    『HAKATA BEAT CLUB』が、2月に続き開催。15日・福岡 DRUM LOGOS、17日・渋谷DUO MUSIC EXCHANGE の2公演。今回はゲストボーカルとして森山も出演。石橋凌(ARB)、陣内孝則、山部善次郎との共演も話題を集めた。このライブの模様は翌2005年にライブアルバム・ライブDVDとしてSony Music Associated Recordsより発売された。

     

    11月24日
    マキシシングル『LAST DNA ROCK’N’ROLL』発売
    SASA(THE HUNDREDS)との共作曲を含む、新曲5曲のマキシシングルと、苣木自らが映像を編集したクリップも収録したDVDとのワンパッケージを、ライブ会場&通販で限定発売。

     

    12月
    『LAST DNA ROCK’N’ROLL TOUR ~最後の異電使達~』
    この年2回目のツアーを敢行。100Pツアー以来の米子、函館を含む全国10公演。オープニング・アクトとしてTHE HUNDREDSが参加。

     

     12月03日 米子 ベリエ
     12月04日 大阪 BIG CAT
     12月08日 渋谷 O-EAST
     12月12日 山形 ミュージック昭和SESSION
     12月14日 函館 フライデーナイトクラブ
     12月15日 札幌 PENNY LANE 24
     12月20日 神戸 チキンジョージ
     12月21日 名古屋 ボトムライン
     12月24日 福岡 DRUM LOGOS
     12月26日 長崎 DRUM Be-7

     

    12月18日
    ファンクラブ会員へTHE MODSからのクリスマス・プレゼントとして『LIVE WITH ROCK’N’ROLL』アコースティック・バージョンのSINGLE CDが届けられた。

     

    12月29日
    幕張メッセ国際展示場『COUNTDOWN JAPAN 04/05』に出演。(W/奥田民生、ストレイテナー、10-FEET、TRICERATOPS、etc…)ロッキン・オン主催のイベントに初参加。精力的に活動した2004年を締めくくった。

     


  • 2005年(平成17年)


     

    3月
    都内にて、レコーディングリハーサルをスタート。

     

    5月
    前作に続き、沖縄にてニューアルバムのレコーディング。

     

    5月25日
    DVD『ライブ帝国 THE MODS』発売
    1981年放送のTVKテレビの音楽番組『Fighting 80’s』と2004年に放送されたスペシャル番組『Live TOMATO 2004』からのライブを収録したDVDがドリームタイムエンタテインメント株式会社より発売される。

     

    8月20日
    石狩湾新港樽川埠頭横 野外特設ステージ『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZO』に出演。(W/SPARKS GO GO、真心ブラザーズ、10-FEET、etc…)

     

    9月7日
    アルバム『DAILY HOWL』発売
    ジョン・レノンの子供時代のラクガキ帳と同タイトルの今作は “LAST ANGRY BAND” と呼ぶにふさわしい攻撃性と、年齢を重ね不動のメンバーで “ROLL” し続けている者にしかだせない人間性溢れるメッセージが、剥き出しのバンド・サウンドで表現された、まさにTHE MODSにしか作る事のできないアルバムとなった。そして72ページにおよぶ森山達也書き下ろしの豪華ブックレット(レコーディング・ダイアリー&フォト)が封入され、ジャケットのPOPなイラストとともに話題となる。また収録曲「SHE WAS」のPVが、テレビ神奈川『Mutoma JAPAN』の9月度オープニング&エンディング・テーマに選ばれた。

     

    9月〜12月
    『COMPLETE LIVE TOUR 05-06 #1 -EPIC & ROCKAHOLIC NUMBERS ONLY-』
    デビュー25周年の2006年6月まで続く久々のロング・ツアー。THE MODS初めての試みとして、時代ごとの楽曲限定ライブ。#1のEPICラウンドでは、古くからのファンが狂喜する楽曲も日替わりで多数飛び出した。

     

     09月23日 長野 CLUB JUNK BOX
     09月25日 宇都宮 HEAVEN’S ROCK VJ-2
     09月29日 東京 SHIBUYA-AX
     10月02日 名古屋 ダイアモンドホール
     10月04日 米子 ベリエ
     10月06日 広島 CLUB QUATTRO
     10月09日 福岡 DRUM LOGOS
     10月10日 長崎 DRUM Be-7
     10月15日 さいたま新都心 HEAVEN’S ROCK VJ-3
     10月22月 札幌 PENNY LANE 24
     10月23日 函館 フライデーナイトクラブ
     11月03日 金沢 エイトホール
     11月05日 滋賀 ハックルベリー
     11月13日 高崎 club FLEEZ
     11月19日 松山 サロンキティ
     11月20日 徳島 JITTERBUG
     11月23日 岡山 アクトロン
     11月25日 大阪 BIG CAT
     12月02日 川崎 CLUB CITTA’
     12月04日 宮古島市中央公民館大ホール

     

    10月
    iTunes Music Store(2006年にiTunes Storeに改称)をはじめとする各PC配信サイトにて、新曲を含む楽曲配信がスタート。

     

    12月2日
    CLUB CITTA’ 川崎公演。この日のライブはテレビ神奈川の『Live y』が収録、2006年2月14、21日の2週に渡ってOAされた。

     

    12月4日
    宮古島市中央公民館大ホールにて#1ラウンド、20公演のファイナルを迎える。

     

    12月17日
    CLUB CITTA’ 川崎で行われた『LONDON NITE X’mas Special 2005』に出演。デビュー当時から親交の深い大貫憲章氏主催の『LONDON NITE』の25周年スペシャルイベント。

     

    12月19日
    間髪入れず、次作アルバムのレコーディングを藤沢INNIGスタジオにてスタート。

     


  • 2006年(平成18年)


     

    1月
    昨年12月から引き続き『FIGHT OR FLIGHT-WASING』のレコーディング。森山の強い希望により、博多のスタジオで数曲の歌入れ。後、沖縄に渡ってトラックダウン。

     

    1月下旬
    休む間もなくCOMPLETE LIVE TOUR #2のリハーサルを行う。

     

    2月〜3月
    『COMPLETE LIVE TOUR 05-06 #2 -SCARFACE & ROCKAHOLIC NUMBERS ONLY-』
    「UNDER THE GUN」「MADE IN U.S.O.」といった90年代に作られた楽曲が、2006年の世界を切り裂いた。

     

     2月05日 福岡 BEAT STATION
     2月07日 周南 TIKI-TA
     2月09日 姫路 BETA
     2月11日 京都 MUSE
     2月12日 名古屋 ボトムライン
     2月15日 甲府 KAZOO HALL
     2月18日 東京 LIQUID ROOM ebisu
     2月22日 熊谷 HEAVEN’S ROCK VJ-1
     2月25日 鹿児島 CAPARVO HALL
     2月26日 宮崎 ウェザーキング
     2月28日 日田 スカーフェイス
     3月02日 佐賀 GEILS
     3月04日 長崎 DRUM Be-7
     3月12日 神奈川 横浜アリーナサウンドホール
     3月14日 青森 Quarter
     3月16日 秋田 SWINDLE
     3月18日 仙台 CLUB JUNK BOX
     3月19日 郡山 CLUB #9
     3月21日 新潟 CLUB JUNK BOX

     

    3月8日
    ROLLING STONESトリビュートアルバム『RESPECT THE STONES』に「Jumpin’ Jack Flash」で参加。

     

    4月〜6月
    『COMPLETE LIVE TOUR 05-06 #3 -ANTINOS & ROCKAHOLIC NUMBERS ONLY-』

    苣木の誕生日である4/25島根では、森山が「I CAN TELL」苣木が「NO REACTION」でリードボーカルをとるといったサプライズも登場。#3を通してプレイされた「今夜決めよう」で懸命に歌うオーディエンスの顔が印象的なツアーだった。

     

     4月08日 帯広 メガストーン
     4月09日 札幌 PENNY LANE 24
     4月21日 高知 キャラバンサライ
     4月23日 高松 DIME
     4月25日 島根 グルーヴマシン
     4月27日 広島 CLUB QUATTRO
     4月29日 神戸 VARIT
     4月30日 三河安城 夢希望RADIO CLUB
     5月11日 松本 ALECX
     5月13日 富山 club MAIRO
     5月14日 金沢 AZ
     5月19日 大阪 BIG CAT
     5月20日 名古屋 ボトムライン
     5月26日 水戸 ライトハウス
     6月02日 盛岡 LASTING BAL
     6月04日 山形 ミュージック昭和SESSION
     6月10日 宜野湾 ヒューマンステージ

     

    5月
    TOUR #3の合間をぬって、NEW ALBUMの取材などプロモーション。

     

    6月
    『COMPLETE LIVE TOUR 05-06 FINAL 25th ANNIVERSARY SPECIAL GIGS “NOW HOWL NOW”』
    7年ぶりの福岡市民会館、そして “約束の地” 日比谷野外音楽堂で、TOUR FINAL公演を行う。久しぶりの客席があるホールでのライブ。頭のてっぺんからブーツの先までメンバーが見える状況で改めてTHE MODSのビジュアル的なカッコよさ、スリリングさを披露。また「WALTZ」演奏中にスクリーンに映し出された25年間のシーンが “詩” とともに、このONE & ONLYなバンドの決して平坦ではない歩みを語りかけた。

     

     6月16日 福岡市民会館
     6月24日 日比谷野外大音楽堂

     

    6月21日
    アルバム『FIGHT OR FLIGHT-WASING』発売
    THE MODS 25th ANNIVERSARY PRODUCTSとして、ROCKAHOLICからは1stアルバムを25年目にして再録音、より深く重厚になったサウンドと、ヒリヒリするような緊張感を増した楽曲を産み出したことによって、25年前の自分達へのリベンジを果たした。またこのアルバムには20年以上倉庫に眠っていた伝説の1982年 “雨の日比谷野音” の映像がほぼ全曲DVDとしてパッケージされた。

     

    同日、徳間ジャパンからSCARFACE時代のオリジナルアルバムの紙ジャケ仕様盤、ソニーから初期の映像作品2タイトルの初DVD化、そしてエピックからトリビュートアルバム『~SO WHAT!! Vol.2〜』が揃って発売され、店頭を賑わした。

     

    7月
    フジテレビ『69★TRIBE』に森山が出演。THE MODSのヒストリー、若い世代へのメッセージ等が4週にわたってオンエアーされた。

     

    9月
    年末のTHANXGIVING TOURの来場者プレゼント用CDのレコーディングを藤沢INNIGスタジオにて行う。

     

    9月20日
    RATTLESNAKE BOX -THE MODS Tracks in Epic Years-』発売
    エピック時代のオリジナルアルバム12枚と、未発表ビデオクリップや当時のTV番組『eZ』からの映像が収録されたDVDがパッケージされた限定BOXセット。

     

    また、音楽専科社より、2年に渡る長期取材を行い、25年間のインナー・ヒストリーともいえるエピソードを一冊の本にしたヒストリーブック『IN THE NAME OF ROCK -THE MODS HISTORY-』が限定発売された。

     

    9月24日
    丸3年続いたFM大阪『森山達也のROCKAHOLIC RADIO』が最終回を迎える。

     

    10月
    森山、体調不良により緊急入院。予定していた10/27のイベント出演をやむなくキャンセル。

     

    11月〜12月
    『THANXGIVING TOUR』
    森山も復活、11月26日よりツアーをスタート。このツアーではタイトルが示す通り、THE MODSからファンに向けて感謝の気持ちをスタジオライブCD『ROUGH SHUFFLE』という形にして、各会場で来場者全員にプレゼントされた。

     

     11月26日 札幌 PENNY LANE 24
     12月01日 東京 SHIBUYA-AX
     12月03日 大阪 BIG CAT
     12月08日 名古屋 ボトムライン
     12月10日 金沢 エイトホール
     12月17日 山形 ミュージック昭和SESSION
     12月30日 福岡 DRUM LOGOS

     

    12月31日
    福岡 DRUM LOGOSにてTHE MACKSHOW、THE TRAVELLERSをゲストに迎え、25周年を締めくくるカウントダウンライブ『LITTLE SCARFACE NITE』を行う。

     


  • 2007年(平成19年)


     

    1月24日
    ライブDVD『LIVESLINGER』発売
    COMPLETE LIVE TOUR 05-06の最終日、”約束の地” 日比谷野外音楽堂でのライブを完全収録したライブDVD。ROLLし続けるBANDのみが持ちえる圧倒的なリアリティーとエネルギーがリアルなドキュメントとして記録されている。

     

    1月24日
    アンティノスレコード在籍時のオリジナルアルバム7枚がリマスタリングされて再発売。

     

    2月20日
    梶浦雅裕 THE MODSを脱退。

     

    3月31日
    80’s FACTORYの閉店25周年のイベント『80’s FACTORY NIGHT25』が福岡LIVE HOUSE CBで行われ、森山、北里が出演した。当日のバンドメンバーは森山達也/花田裕之/北里晃一/川嶋一秀/ササキモトアキ。

     

    4月~5月
    Maxi Singleのレコーディング、ツアーのリハーサルを極秘で行う。

     

    6月〜7月
    LIVE 2007『JUST SAY FUCK GO!』
    梶浦脱退後、THE MODSとして初めてファンの前に姿を見せたツアーは「JUST SAY FUCK GO!」(行くしかない!)というツアータイトルが表すように、森山・北里・苣木の3人でTHE MODSを続けていく決意を示した。無名の若きドラマー、佐々木周をサポートに迎えレコーディングされたMaxi Single『HELLO』を会場&通販限定でリリース。

     

     6月22日 渋谷 O-EAST
     6月24日 名古屋 ボトムライン
     6月30日 福岡 DRUM LOGOS
     7月02日 大阪 BIG CAT

     

    7月
    ツアー終了後、休む間も無くアルバムレコーディングに入る。

     

    8月11日
    名古屋ダイアモンドホールで行われた『Center Japan Rockers! Let’s Rock Again』に出演。(W/ SA、DJヒカル)アルバムレコーディングの合間を縫ってこの夏唯一のイベント出演。

     

    8月下旬
    沖縄に渡り、トラックダウンを行う。

     

    10月7日
    FM福岡にて森山のレギュラーラジオ番組『森山達也のROCK’N’ROLL DIVE』がスタート。同時にスタートしたPodcastも話題となる。

     

    10月11日
    スカーフェイス時代のファミリー、THE HUNDREDSの解散ライブが渋谷O-WESTで行われ、森山・苣木がSpecial Guestとして出演、盟友の解散に花を添えた。このライブを収録したDVDがROCKAHOLICレーベルより2008年1月に発売された。

     

    10月中旬~11月
    ツアーリハーサルと平行して、NEW ALBUMの取材などプロモーション。

     

    11月21日
    アルバム『FREED』発売
    新生THE MODS・初のオリジナルアルバム。アッパーチューンからスローナンバーまで、ロックが持つ躍動感や高揚感、疾走感をストレートに表現した、エネルギーに満ちあふれる作品となった。

     

    11月〜2008年3月
    TOUR 2007-2008『FREED』

     

    11月22日 さいたま新都心 HEAVEN’S ROCK VJ-3
    11月29日 京都 MUSE
    12月01日 名古屋 ボトムライン
    12月02日 長野 CLUB JUNK BOX
    12月07日 川崎 CLUB CITTA’
    12月09日 神戸 VARIT
    12月11日 高松 DIME
    12月13日 高知 X-pt.
    12月15日 大分 T.O.P.S.
    12月16日 長崎 DRUM Be-7
    12月22日 山形 ミュージック昭和SESSION

     

    12月25日
    ファンクラブ会員へ、シングルCD『LONG WAY(basement take)』をプレゼント。『JUST SAY FUCK GO!』TOURにて、万感の想いを胸に放たれた名曲をライブ用にリアレンジして、ベースメントテイク(地下スタジオでのリハーサル音源)として収録。

     

    12月28日
    森山の体調不良により、急遽、予定してた12/28のイベント出演をやむなくキャンセル。

     


  • 2008年(平成20年)


     

    1月
    森山の体調不良の為、ツアー5公演を延期。

     

    1月〜3月
    SHIBUYA-AX公演より、LIVE TOUR 2007-2008『FREED』再開

     

     1月27日 東京 SHIBUYA-AX
     2月02日 札幌 PENNY LANE 24
     2月29日 広島 ナミキジャンクション
     3月18日 富山 club MAIRO
     3月20日 大阪 BIG CAT
     3月22日 三河安城 夢希望RADIO CLUB
     3月29日 福岡 DRUM LOGOS

     

    3月
    HAKATA BEAT CLUBが3年振りに開催。9日・Zepp Fukuoka、14日・SHIBUYA-AXの2公演。スペシャルゲストとして森山が出演。藤井フミヤと「TWO PUNKS」をセッションするなど話題を集めた。

     

    3月29日
    福岡DRUM LOGOS公演にて、全国18公演のTOUR『FREED』終了。
    森山の誕生日前日ということもありステージではサプライズでHappy Birthdayが演奏された。またいつも以上の熱いモッズコールに応え、最終日にしてこのツアー初の4回のアンコールまで披露。

     

    4月
    森山が朝本浩文プロデュース・Itscoのアルバム「Its」に作詞で参加。(森山作詞の楽曲は「ア・ノ・リ・ア・ル ~I wanna be me~」)

     

    4月23日
    ベストアルバム『SPADE FILE -THE MODS ROCKAHOLIC BEST-』発売
    ROCKAHOLIC設立からの5年間を総括するベストアルバム。『NO EXCUSE!』から『FREED』までの厳選した楽曲に加え、未発表曲2曲も含めた2枚組31曲。またベストアルバムを購入してくれたファンに感謝の気持ちを込めて、スペシャルポスターを購入者全員にプレゼントした。

     

    6月
    都内にて、レコーディングリハーサルをスタート。

     

    7月~8月
    ニューアルバムのレコーディング。

     

    8月20日
    ライブDVD『LIVE FREED』発売
    新生モッズとして初の映像作品となるライブDVD。1月27日のSHIBUYA-AXでのライブをノーカットで収録。特典映像としてメンバー全員のインタビューが収められた。

     

    8月20日
    アルバム『DAILY HOWL(通常盤)』発売

     

    10月4日
    dive presents THE MODS SPECIAL LIVE『ROCKA★DIVE NITE』福岡 DRUM LOGOS
    FM福岡/FM長崎で森山がDJを努めるラジオ番組『森山達也のROCK’N’ROLL DIVE』の放送一周年を記念して行われた一夜限りのスペシャルライブが福岡 DRUM LOGOSで行われた。久しぶりに披露された楽曲も多く、満員のLOGOSを熱狂させた。また会場限定で発売された森山達也フィギュアも話題を呼んだ。

     

    10月5日
    DRUM LOGOS公演の翌日に、ラジオ番組『森山達也のROCK’N’ROLL DIVE』の初の公開録音を天神Studio diveにて行う。普段のラジオ局での収録とは異なり、リスナーたちを前にしての収録は和やか雰囲気の中で行われた。また漫画家の高橋ヒロシ先生が特別ゲストとして参加した。

     

    10月中~下旬
    わずかなオフの合間にNEW ALBUMの取材などプロモーション。

     

    11月19日
    アルバム『MOONSHINER』発売
    『MOONSHINER』(密造者)と題された1年振りのオリジナルアルバムは、アコースティック楽器をいつも以上にフィーチャーしつつも、どこまでもTHE MODSらしいロックンロールを体現した作品となった。ゲストミュージシャンとして伊東ミキオ、藤井尚之が参加。

     

    12月
    TOUR 2008『SPEAKEASY』
    全席指定席、大掛かりなステージセット、オープニングから座って演奏するメンバー、etc…と、いつもとは違った趣のツアーとなった。東京公演は10年ぶりのC.C.Lemonホール(渋谷公会堂)で行われた。このツアーには伊東ミキオがサポートキーボードとして全公演に参加。また急遽スペシャルゲストとして藤井尚之が東京・名古屋・大阪のライブに参加した。

     

     12月03日 仙台 Zepp Sendai
     12月05日 札幌 Zepp Sapporo
     12月08日 大阪 なんばHatch
     12月10日 名古屋 Zepp Nagoya
     12月17日 東京 渋谷C.C.Lemonホール
     12月23日 長崎 NCC&スタジオ
     12月26日 福岡 Zepp Fukuoka

     

    12月26日
    この年3回目の福岡公演となるZepp Fukuokaにてツアーファイナルを迎え、激動の2008年を締めくくった。

     


  • 2009年(平成21年)


     

    1月1日
    佐々木周 THE MODSに正式加入。

     

    1月7日
    NEW BLEED vol.1』配信スタート
    THE MODS初の試みとなる、配信でのリリース作品。名曲「激しい雨が」「バラッドをお前に」他、全4曲を新録音で収録。iTunes Storeではロック部門1位、総合チャート4位を記録。

     

    3月
    音楽専科社より、写真集『SPEAKEASY』発売

     

    3月
    都内にて急遽レコーディングを行う。

     

    4月
    映画『クローズZERO II』全国東宝系ロードショーにて公開。『MOONSHINER』収録の「SHITSVILLE」が劇中歌で使用される。

     

    6月3日
    アルバム『Gang Rocker…If』発売
    1983年にリリースされたミニアルバム『Gang Rocker』が【もし、フルアルバムとして制作されていたら…】という、見果てぬ夢を実現させた衝撃のアルバム。既存の楽曲はもちろん、当時制作されていた「シャレたクツの下に」や、新曲たち全てが1983年という尖った空気を醸し出している。『Gang Rocker』のジャケットを撮影したペニー・スミスによる1983年当時のロンドン・プレストンロードの写真を使ったジャケットも秀逸。

     

    6月3日
    ライブDVD『SPEAKEASY』発売
    『Gang Rokcer…If』と同日発売で、昨年12月に行われたツアーの東京公演を完全収録したライブDVD。アコースティックバージョンで幕を開け、ゲストに伊東ミキオ(key)、藤井尚之(sax)を迎えた、いつもと違った趣のステージを堪能出来る。

     

    6月13日
    宮古島コースタルリゾートヒララ・トゥリバー地区屋外特設会場で行われた『MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2009』に出演。(W/ザ・クロマニヨンズ、PUFFY、MONGOL800、etc…)

     

    6月〜7月
    SCRAMBLE TOUR 2009『GANGWAY』
    急遽レコーディングを敢行してリリースされた『Gang Rokcer…If』を携えての緊急<SCRAMBRE>のツアー。アルバムのコンセプトから引き続き、ライブでも1983年当時を意識したセットリストで多くのファンを熱狂させた。

     

     6月19日 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
     6月21日 京都 KYOTO MUSE
     6月26日 金沢 EIGHT HALL
     6月28日 三河安城 夢希望RADIO CLUB
     7月05日 さいたま新都心 HEAVEN’S ROCK VJ-3
     7月10日 札幌 PENNY LANE 24
     7月12日 山形 ミュージック昭和SESSION
     7月18日 長崎 DRUM Be-7
     7月20日 福岡 DRUM LOGOS
     7月26日 名古屋 BOTTOM LINE
     7月28日 大阪 BIG CAT
     7月31日 東京 SHIBUYA-AX

     

    7月31日
    SHIBUYA-AX公演にて全国12公演の『GANGWAY』ツアー終了。

     

    9月2日
    NEW BLEED vol.2』配信スタート
    vol.1に引き続き、配信でのリリース。新録された「LOOSE GAME」他、全4曲は懐かしさだけではなく、THE MODSというバンドの現役感を存分に味わえる。またiTunes Storeではロック部門で1週間連続で1位を記録した。

     

    9月~10月
    ニューアルバム『SHOTGUN SQUALL』のレコーディング。

     

    11月~12月
    精力的にアルバムプロモーション&ライブリハーサルを行う。

     

    11月20日
    森山達也・佐々木周が福岡 BEAT STATIONで行われたイベント『Roll Roll Rock 2009』に飛び入りでゲスト参加。山外幸一(THE COLTS)と3人での一夜限りのユニット【Rocka dive fakes】で出演し、イベントを盛り上げた。

     

    12月12日
    ファンクラブ会員へ、THE MODSからのクリスマス・プレゼントとして新曲『Merry X’mas,A Happy New Year & Rock’n’Roll』のCDが届けられた。

     

    12月16日
    『SWITCH LIVE 2009』代官山 UNIT
    久しぶりのSWITCH LIVEを行う。森山の手描きのデザインによるTシャツの販売も話題を呼んだ。

     

    12月27日
    dive presents THE MODS SPECIAL LIVE『ROCKA★DIVE NITE vol.2』福岡 DRUM LOGOS
    昨年に続き、FM福岡/FM長崎で森山がDJを努めるラジオ番組『森山達也のROCK’N’ROLL DIVE』の放送二周年を記念して行われたスペシャルライブ。

     


  • 2010年(平成22年)


     

    1月20日
    アルバム『SHOTGUN SQUALL』発売
    『Gang Rocker…If』から7ヶ月というハイペースで発売された今作。企画色の強かった前2作に対して、THE MODSの “現在” を凝縮した1枚となっている。

     

    1月〜3月
    TOUR 2010『SHOTGUN SQUALL』
    リリースされたばかりのニューアルバムを携えて全国15カ所を巡るこのツアーでTHE MODSの2010年は始動した。シュウの初ボーカル曲となる「RIGHT TIME RIGHT WAY」、森山と苣木の掛け合いが絶妙な「IT’S MY TURN」、久しぶりに演奏された「GARAGE WONDERLAND」、新たなるスタンダードとなりそうな「THE RIGHTS」など見所満載のステージングであった。

     

     1月29日 神戸 VARIT
     1月31日 高知 X-pt.
     2月05日 川崎 CLUB CITTA’
     2月07日 三河安城 夢希望RADIO CLUB
     2月10日 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
     2月12日 大分 T.O.P.S
     2月14日 長崎 DRUM Be-7
     2月19日 大阪 BIG CAT
     2月26日 名古屋 ボトムライン
     2月28日 金沢 EIGHT HALL
     3月05日 仙台 CLUB JUNK BOX
     3月07日 札幌 PENNY LANE 24
     3月12日 渋谷 O-EAST
     3月20日 熊本 DRUM Be-9
     3月22日 福岡 DRUM LOGOS

     

    2月5日
    DUDE TONE シングル『BACK ROOM』発売
    苣木寛之のソロプロジェクト【DUDE TONE】が始動、第一弾としてゲストに花田裕之を迎えて制作されたシングル『BACK ROOM』をリリース。

     

    3月29日
    『SWITCH LIVE “ONE MORE!!”』 東京 LIQUID ROOM ebisu
    前年の12月16日に行われた『SWITCH LIVE 2009』に入りきれなかったファンクラブ会員の声に応えるべく、森山のバースデー・イヴに敢行されたワンデイ・スペシャル。激レアなメニューは来場者にとってサプライズなプレゼントとなった。

     

    6月20日
    花田裕之の50歳の誕生日を記念してのイベント『Hiroyuki HANADA AGE 50th GIG “NAGARE PREMIUM DAYS 1″』に苣木が出演。「BACK ROOM」「WISH YOU WERE HERE」の2曲を披露した。

     

    6月23日
    ライブDVD『GANGWAY』発売
    2009年に行われたGANGWAYツアーの東京公演を完全収録したライブDVD。息苦しい程に深く、目眩がしそうな程に弾ける、そんなTHE MODSのライブの真骨頂を堪能できる。

     

    7月~8月
    マキシシングル『US 4』アルバム『LIKE OLD BOOTS』のレコーディング。

     

    7月7日
    NEW BLEED vol.3』配信スタート
    配信リリース第3弾。今作ではアンティノスレコード時代の楽曲4曲を新録音。

     

    8月23日
    『ROCKAHOLIC TALK LIVE』と題した森山のトークライブを大阪 Music Club JANUSで行う。

     

    9月
    『DRIVE 4 TOUR』
    約半年振りのライブ。4公演と本数こそ少ないが、濃密なパフォーマンスでライブに飢えていたファン達を魅了した。またメンバー4人が各自ボーカルを務めた4曲を収録したマキシシングル『US 4』を会場&通販限定でリリース。

     

     9月17日 名古屋 ボトムライン
     9月19日 福岡 DRUM LOGOS
     9月21日 大阪 BIG CAT
     9月25日 東京 SHIBUYA-AX

     

    11月17日
    DUDE TONE アルバム『AFTERGLOW』発売
    苣木寛之ソロプロジェクト【DUDE TONE】の待望の1stフルアルバム。苣木が感じた気持ちを、自由に音と言葉に反映させた表情豊かな11曲を収録。

     

    11月
    DUDE TONE LIVE 2010『AFTERGLOW』
    アルバムリリースに併せて福岡・東京の2会場でのライブを敢行。バンドメンバーはアルバム制作にも参加している花田裕之(Gt)、井上富雄(Ba)、椎野恭一(Dr)。(オープニングアクト:BUGY CRAXONE)

     

     11月10日 福岡 DRUM Be-1
     11月18日 東京 DAIKANYAMA UNIT

     

    12月18日
    映画『照和 My Little Town KAI BAND』公開。森山がインタビュー出演。

     

    12月26日
    dive presents THE MODS SPECIAL LIVE『ROCKA★DIVE NITE vol.3』福岡 DRUM LOGOS
    FM福岡で森山がDJを努めるラジオ番組『森山達也のROCK’N’ROLL DIVE』の放送三周年を記念して行われたスペシャルライブで2010年を締め括った。

     


  • 2011年(平成23年)


     

    1月
    年始より、ツアーリハーサルを開始。

     

    1月19日
    アルバム『LIKE OLD BOOTS』発売
    30th Anniversary Yearに発表された通算45枚目(ライブ盤・ベスト盤を含む)の今作は、様々な音楽スタイルを取り込みながらも骨太の揺るぎないロックとして昇華させており、30年という重みを感じさせるアルバムとなった。

     

    1月〜3月
    TOUR 2011『30 STRIKES~East Bound~』
    『30 STRIKES』と題されたツアーは、東方面(East Bound)と西方面(West Bound)に分け、久しぶりの場所も含めて合計30ヶ所で開催、30周年に相応しいベスト・オブ・ベスト的な選曲を引っさげて、東方面からスタートした。

     

     1月30日 宇都宮 HEAVEN’S ROCK VJ-2
     2月04日 川崎 CLUB CITTA’
     2月06日 三河安城 夢希望RADIO CLUB
     2月11日 高崎 club FLEEZ
     2月13日 仙台 CLUB JUNK BOX
     2月18日 新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
     2月20日 金沢 EIGHT HALL
     2月25日 さいたま新都心 HEAVEN’S ROCK VJ-3
     2月27日 浜松 窓枠
     3月02日 小樽 LIVE THEATER GOLDSTONE
     3月04日 札幌 PENNY LANE 24
     3月06日 郡山 #9
     3月10日 長野 CLUB JUNK BOX
     3月12日 名古屋 BOTTOM LINE

     

    3月
    東日本大震災の影響により、3/19秋田・3/21山形の2公演が順延となる。

     

    4月
    TOUR 2011『30 STRIKES~West Bound~』
    震災による延期も危惧されたが、「西日本の元気を東に届けよう」という想いを胸にWest Boundをスタート。各会場には義援金箱を設置し志を募る。

     

     4月15日 宮崎 WEATHER KING
     4月17日 熊本 DRUM Be-9 V1
     4月22日 神戸 VARIT
     4月24日 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
     4月26日 松山 サロンキティ
     4月28日 高松 DIME
     4月30日 松阪 M’AXA

     

    5月7日
    LIQUID ROOM ebisuで行われた『TOWER RECORDS presents “MAVERICK KITCHEN VOL.3″』に出演。(W/毛皮のマリーズ、OKAMOTO’S、SA、etc…)

     

    5月
    森山の体調不良の為、ツアー7公演を延期。

     

    6月21日
    ベストアルバム『NEW BLEED “HASH”』発売
    配信限定で発表されていたNEW BLEEDシリーズが豪華にボリュームアップされ、ついにCD化された。スタジオで新録された全19曲(新曲1曲を含む)は過去の楽曲を集めただけのベスト盤とは一線を画している。また3曲の映像を収められたDVDがボーナスディスクとして付いているのも見逃せない。

     

    6月25日
    30th ANNIVERSARY SPECIAL LIVE『YA-YA-ROCK ON!!』 日比谷野外大音楽堂
    日比谷野音を埋め尽くした大観衆のモッズコールを浴びながらTHE MODSは約束の地に起った。この日、この場所で共有された濃密な体験は余す所無く映像化され、年をまたいだ2012年2月にリリースされた。

     

    7月
    震災の為、延期となっていたTOUR 2011『30 STRIKES~East Bound~』秋田・山形公演を行う。

     

     7月28日 秋田 SWINDLE
     7月30日 山形 ミュージック昭和SESSION

     

    8月9日
    新横浜 SUNPHONIX HALLで行われたイベント『RockGuild Summit』に出演。(W/EL CAMINO)

     

    8月13日
    石狩湾新港樽川埠頭横 野外特設ステージ『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2011 in EZO』に出演。(W/ザ・クロマニヨンズ、怒髪天、SHERBRETS、etc…)

     

    8月
    DUDE TONE LIVE 2011
    THE MODSの夏のイベント出演の合間を縫って、苣木寛之ソロプロジェクト【DUDE TONE】の初の大都市ツアーを敢行。レコーディングメンバーでもある花田裕之、井上富雄、椎野恭一と共に貫禄のステージを披露した。また名古屋公演には森山が急遽ゲスト主演。

     

     8月11日 新横浜 SUNPHONIX HALL
     8月19日 名古屋 CLUB UP SET
     8月21日 大阪 LIVE SQUARE 2nd LINE

     

    9月
    TOUR 2011『30 STRIKES~West Bound~』再開
    待たせていたファンの想いに応えるべく再びロードに旅立ったバンドは、普段にも増してハードなステージングで各地を転戦。そのラストを飾ったナンバーは「NAPALM ROCK」だった。まさしく完全燃焼するためのナパーム弾投下だがアンコールを求める声は鳴り止まなかった。

     

     9月04日 沖縄 桜坂セントラル
     9月09日 京都 KYOTO MUSE
     9月11日 米子 AZTiC Laughs
     9月15日 高知 X-pt.
     9月17日 大阪 BIG CAT
     9月19日 長崎 DRUM Be-7
     9月25日 福岡 DRUM LOGOS

     

    9月25日
    福岡DRUM LOGOS公演にて全国30公演のTOUR『30 STRIKES』終了。

     

    11月21日
    『氣志團 Presents 極東ロックンロール・ハイスクール「10 PUNKS」』に出演。

     

    12月
    『CROSS SYNDICATE TOUR』
    2011年はライブ三昧の年となった。前ツアーとは選曲もがらりと変えた新ツアーを開始。久しぶりの楽曲に加えて『LIKE OLD BOOTS』からの楽曲も披露され、好評を博した。

     

     12月01日 大阪 BIG CAT
     12月04日 札幌 PENNY LANE 24
     12月09日 名古屋 BOTTOM LINE
     12月18日 仙台 CLUB JUNK BOX
     12月21日 東京 SHIBUYA-AX

     

    12月25日
    dive presents THE MODS SPECIAL LIVE『ROCKA★DIVE NITE vol.4』福岡 DRUM LOGOS
    数える事4回目となった『ROCKA★DIVE NITE』。今回はYamachang率いるEL CAMINOをオープニングアクトに迎えての開催となった。まさにクリスマス当日、寒気団に襲われた博多の街ではあったが、会場内は外の寒さを吹き飛ばす様な熱気に包まれた。

     


  • 2012年(平成24年)


     

    2月8日
    ライブDVD『YA-YA-ROCK ON!!』発売
    2011年6月25日、日比谷野外音楽堂にTHE MODSは立った。THE MODSと野音は切っても切り離せないストーリーを紡ぎ出してきた。それは節目節目に発表された数々の映像作品が物語ってくれている。そしてついに30周年である。この日の全てが余すところなく収められた本作品が満を持してのリリースとなった。

     

    4月~5月
    Maxi Single、アルバムのレコーディング。

     

    6月20日
    ライブDVD『LOOSE GAME』発売
    2011年12月21日・SHIBUYA-AXでのステージを中心にオフショットやインタビュー、更には「BABY ONE MORE CHANCE」「MONKEY BUSINESS」のMUSIC VIDEOまでをも追加した贅沢な内容となっている。『LOOSE GAME』というタイトルが示唆する通り、THE MODSの生き様が色濃く反映された作品となった。

     

    7月
    『DRIVE SYNDICATE TOUR』
    レコーディングスタジオに籠りきりになっていた鬱憤を晴らすかの如く全国8ヶ所をフルパワーで駆け巡ったTHE MODS。久しぶりに演奏された「夜のハイウェイ」や「WILD SIDE TUMBLING」などがコアなファンを唸らせる一方「CIRCUS DRIVE」が初披露され、新旧織り交ぜたステージが好評を博した。また東日本大震災へのチャリティーの為のMaxi Single『what a wonderful world』を会場限定で発売した。  7月06日 川崎 CLUB CITTA’
     7月10日 名古屋 BOTTOM LINE
     7月12日 大阪 BIG CAT
     7月14日 福岡 DRUM LOGOS
     7月16日 広島 CLUB QUATTRO
     7月20日 札幌 PENNY LANE 24
     7月22日 仙台 CLUB JUNK BOX
     7月28日 東京 AKASAKA BLITZ

     

    8月
    ニューアルバムのトラックダウン。

     

    10月
    アルバムプロモーション&ツアーリハーサル。

     

    10月24日
    アルバム『JACK & JOKER』発売
    通算47枚目のアルバムとしてリリースされた本作。スピード感溢れるパンキッシュな楽曲、ロールする楽曲、心躍るロカビリー、60’sを彷彿とさせるビートミュージック、王道一直線の重量級ロック、そして胸を打つバラッドと、THE MODSの振幅の広さを証明したアルバムとなった。

     

    11月〜12月
    TOUR 2012『JACK & JOKER』
    新作アルバムを引っさげて全国13ヶ所を駆け巡ったツアー。JOKER TIMEと称して「OPERATION BOP」「TRUMP」でステージ狭しと動き回る森山のアクションが印象的であった。またその最中にトランプをばらまく一幕があったのだが、一枚だけメンバーのサインが記されたスペシャルカードを潜ませていた。それはステージ終了後にバックステージへの招待状となり、各地で幸運の持ち主とメンバーは交流を深めた。

     

     11月02日 浜松 窓枠
     11月04日 岐阜 club ROOTS
     11月09日 大阪 BIG CAT
     11月11日 福岡 DRUM LOGOS
     11月14日 札幌 PENNY LANE 24
     11月17日 山形 ミュージック昭和Session
     11月23日 名古屋 BOTTOM LINE
     11月25日 金沢 EIGHT HALL
     11月30日 高知 X-pt.
     12月02日 神戸 VARIT.
     12月07日 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
     12月09日 熊本 DRUM Be-9 V1
     12月15日 東京 SHIBUYA-AX

     

    12月31日
    dive presents THE MODS SPECIAL LIVE『ROCKA★DIVE NITE vol.5』福岡 DRUM LOGOS
    『森山達也のROCK’N’ROLL DIVE』放送5周年を記念して、久しぶりのカウントダウンライブを行う。今回は5周年ということもあり、ゲストアーティストとしてYamachang率いる『EL CAMINO』とサイレントコメディー・デュオの『が~まるちょば』を招いての豪華で賑やかな一夜となった。それぞれの思い溢れる2012年に別れを告げ、新たな期待が膨らむ2013年への橋渡しとなるカウントダウンライブであった。

     


  • 2013年(平成25年)


     

    1月9日
    NEW BLEED vol.4』配信スタート
    配信限定のNEW BLEEDシリーズの第4弾。今作も過去の楽曲に新たな生命を吹き込むかのような、鮮烈な仕上がりとなっている。

     

    6月19日
    ライブアルバム『LIVE GEAR』発売
    10年振りとなるライブアルバムは2012年に行われた二つのツアーから厳選したベストトラックを収録。また2012年の福岡でのカウントダウンライブの模様を収めたDVDも収録されている。

     

    6月〜7月
    TOUR 2013『OPERATION.SP』
    梅雨空を吹き飛ばす勢いで全国八ヶ所を駆け巡ったツアーであった。「GET ON YOU」や「SHADE OF THE MOON」などのレアな楽曲がファンにとっては嬉しい驚きであっただろう。またアンコールで炸裂したJOKER TIMEコーナーでは、ブルーのエドワードジャケットに身を包んだ森山がところ狭しと舞い踊り会場を湧かせた。

     

     6月15日 新横浜 NEW SIDE BEACH!!
     6月21日 名古屋 BOTTOM LINE
     6月23日 富山 club MAIRO
     6月28日 札幌 cube garden
     6月30日 岩手 KLUB COUNTER ACTION
     7月06日 東京 AKASAKA BLITZ
     7月12日 大阪 BIG CAT
     7月15日 福岡 DRUM LOGOS

     

    8月
    音楽専科社より、単行本『4 PIECES』発売

     

    10月~11月
    2014年発売のアルバム『ROCKTIONARY』のレコーディング。

     

    12月1日
    ファンクラブ会員へ、THE MODSからのクリスマスプレゼントとして『CHRISTMAS TIME (ska versin)』が届けられた。

     

    12月
    『TOP GEAR TOUR』
    大都市3ヶ所だけで催された今ツアーは、その選曲に於いてバンドの懐の深さを証明するかの如く多彩で、スペシャル感満載のツアーとなった。

     

     12月06日 名古屋 BOTTOM LINE
     12月08日 大阪 BIG CAT
     12月14日 東京 SHIBUYA-AX

     

    12月22日
    dive presents THE MODS SPECIAL LIVE『ROCKA★DIVE NITE vol.6』福岡 DRUM LOGOS
    ゲストDJのYamachangのモッズコールで口火を切ったステージはホームタウンならではの熱い声援が飛び交う中ヒートアップし、サプライズなカバーメドレーまで飛び出した。6回に及んだROCKA★DIVE NITEは鳴り止まないアンコールを背に幕を下ろした。

     

    12月29日
    6年以上続いたFM福岡のレギュラーラジオ番組『森山達也のROCK’N’ROLL DIVE』が惜しまれつつ最終回を迎える。

     


  • 2014年(平成26年)


     

    2月12日
    森山の脊髄終糸症候群の発症に伴う治療の為、3~4月に予定していたツアーのキャンセルを発表。

     

    2月19日
    アルバム『ROCKTIONARY』発売
    16ヶ月振りのオリジナルアルバム。少し長いインターバルの間に熟成させた楽曲に込められた熱い想いは痛い程に胸を刺す渾身の一枚となった。

     

    5月21日
    DUDE TONE アルバム『十字路のGuitar』発売
    苣木のソロプロジェクト【DUDE TONE】の2ndアルバム。より進化かつ深化し存在感を増した作品となった。「嘘発見器」には森山がゲストボーカルで参加した。

     

    6月10日
    DUDE TONE LIVE 2014『十字路のGuitar』下北沢 GARDEN

    アルバム発売に併せてのライブ。レコーディングメンバーでもある花田裕之(Gt)、井上富雄(Ba)、椎野恭一(Dr)の3人と共にグルーブ感溢れるステージを披露。

     

    7月16日
    NEW BLEED vol.5』配信スタート
    1年半振りの発表となるNEW BLEEDシリーズ。SCARFACE時代に人気を博した4曲を新録音で配信された。

     

    9月20日
    12月に新録音ベストアルバム第二弾がリリースされる事、ならびに東京でのライブ開催が発表された。

     

    10月1日
    HANDS UP』のハイレゾ音源配信がスタート。

     

    10月6日
    『ROCKAHOLIC TALK LIVE vol.2』が福岡 LIVEHOUSE CBにて行われる。10ヶ月振りに森山がファンの前に姿を現した。

     

    10月11日
    広島県呉市で行われた『キャノンボール・フェスティバル 2014』のTHE COLTSのステージに森山がゲスト出演。

     

    11月28日
    DUDE TONE LIVE『HUSH MY BABY』横浜 THUMBS UP
    2014年二度目のDUDE TONEのライブ。会場の雰囲気も相まって、息づかいさえ聴こえてきそうな大人のロックを感じさせる一夜となった。

     

    12月3日
    SCARFACEレーベルの4タイトルが徳間ジャパンよりHQCD仕様にて再発売。

     

    12月17日
    ベストアルバム『NEW BLEED “GUNNERS”』発売
    NEW BLEED vol.4とvol.5に加え、ステージに必須の人気曲、隠れた名曲、意外性溢れる曲、そして博多時代の楽曲まで蘇らせた新録音のベストアルバム第二弾。その多彩な楽曲達は幅広いファン層にアピールした。

     

    12月25日
    LIVE 2014『PAROLE』東京 TSUTAYA O-EAST
    2014年唯一のライブがクリスマスに行われた。THE MODSとして一年振りのステージに立った4人の尋常ならざるステージングと待ちに待ったファンの熱い想いがスパークする緊張感溢れる素晴らしい一夜であった。

     


  • 2015年(平成27年)


     

    1月
    昨年より制作を進めていたマキシシングルのマスタリングを行う。

     

    3月〜4月
    『PAROLE TOUR』
    森山の体調は万全とは言い難かったが、待ちわびていた全国のファンの声援を受けツアーを敢行、各地でいつも以上の熱いライブを展開した。大阪で森山、東京では苣木の誕生日が重なり、バースディソングの合唱に胸が熱くなるライブとなった。
    また会場&通販限定のマキシシングル『BADLAND』をリリース。

     

     3月13日 京都 KYOTO MUSE
     3月15日 松山 SALON KITTY
     3月20日 札幌 PENNY LANE 24
     3月22日 仙台 CLUB JUNK BOX
     3月28日 金沢 EIGHT HALL
     3月30日 大阪 BIG CAT
     4月03日 広島 CLUB QUATTRO
     4月05日 福岡 DRUM LOGOS
     4月10日 名古屋 BOTTOM LINE
     4月18日 新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
     4月25日 東京 Zepp DiverCity Tokyo

     

    4月1日
    渡辺美里の30thAnnivesaryアルバム『オーディナリー・ライフ』に森山達也が「今夜がチャンス」で楽曲提供を行う。

     

    5月27日
    KOZZY IWAKAWAのアルバム『MIDNITE MELODIES』に森山達也が「ワンパイントの夢」でゲストボーカルとして参加。

     

    6~10月
    DVDのオープニング撮影や編集・ニューアルバムのレコーディングなど、制作作業。

     

    10月21日
    ライブDVD『LIVE PAROLE』発売
    『LIVE GEAR』から約2年振りとなる映像作品。春のPAROLE TOURの最終公演の模様を余すことなく収録。映像特典のメンバーインタビューも見逃せない内容となっている。

     

    11月〜12月
    TOUR 2015『BADLAND』
    2015年を締め括るミニツアー。定番曲を敢えて外し、ガラリと入れ替わったメニューは新鮮で好評を博した。

     

     11月25日 札幌 PENNY LANE 24
     11月28日 山形 ミュージック昭和Session
     12月06日 福岡 DRUM LOGOS
     12月09日 大阪 BIG CAT
     12月11日 名古屋 DIAMOND HALL
     12月17日 東京 EX THEATER ROPPONGI

     


  • 2016年(平成28年)


     

    1月
    アルバム『HAIL MARY』のマスタリング。

     

    2月
    ニューアルバムのプロモーション&ツアーリハーサル。

     

    3月23日
    アルバム『HAIL MARY』発売
    約2年振りとなる新作フルアルバム。35周年に相応しく研ぎすまされた楽曲達に彩られた奥深いアルバムとなった。

     

    4月
    TOUR 2016『HAIL MARY』 Round 1

     

     4月01日 川崎 CLUB CITTA’
     4月08日 名古屋 BOTTOM LINE
     4月10日 神戸 VARIT.

     

    4月13日
    ツアー中に森山の右膝に故障が発生、4月の4公演の延期を発表。

     

    4月19日
    森山の症状が半月板損傷と診断され、治療の為に5月に予定していた6公演の延期を発表。

     

    6月4日
    森山の半月板損傷の回復がライブを行えるまでに至らず、7~8月に予定していた『TOUR 2016 “HAIL MARY” Round 2』の13公演の中止を発表。

     

    7月〜8月
    『FILM CONCERT』
    ツアーは中止になったが会場は使えるという状況を踏まえ、フィルムコンサートを実施。2011年~2015年の未発表ライブから構成された映像を公開した。

     

     7月01日 新横浜 NEW SIDE BEACH!!
     7月03日 名古屋 DIAMOND HALL
     7月08日 札幌 PENNY LANE 24
     7月10日 山形 ミュージック昭和Session
     7月14日 長野 CLUB JUNK BOX
     7月16日 金沢 EIGHT HALL
     7月18日 大阪 BIG CAT
     7月29日 東京 LIQUID ROOM ebisu
     8月05日 山口 Shunan RISING HALL
     8月07日 長崎 DRUM Be-7
     8月20日 埼玉 HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
     8月26日 広島 CLUB QUATTRO
     8月28日 福岡 DRUM LOGOS

     

    7月27日
    RATTLESNAKE BOX -THE MODS Tracks in Antinos Years-』発売
    1995年から2002年に在籍していたアンティノスレコード時代のオリジナルアルバム7枚にアルバム未収録曲盤、初DVD化となる映像作品を含むDVDを加えた全9枚組のボックスセットが、ソニーより発売。

     

    8月24日
    THE MODS Triple Footage in SCARFACE Years』発売
    スカーフェイス時代のライブ映像作品を1ボックスに収めたDVD BOXが徳間ジャパンより発売。ボーナス特典として初蔵出しとなる未発表映像を収録。

     

    9月21日
    CAUTION FILE -THE MODS ROCKAHOLIC BEST2-』発売
    2008年~2016年のロッカホリックレーベルでの軌跡をまとめたベストアルバム。渡辺美里に提供した楽曲「今夜がチャンス」のモッズバージョンは必聴。またTHE MODSのメンバーや友人達のインタビューを収録した特典DVDも見逃せない。3ヶ月連続発売を記念してのキャンペーンも実施。

     

    9月下旬
    ライブに向けてのリハーサルをスタート。

     

    10月15日
    TOUR 2016『HAIL MARY』 Final 日比谷野外大音楽堂
    半年振りにステージに立ったTHE MODS。森山は決してベストの体調ではなかったが、集まった満員のファンを前に圧巻のパフォーマンスを披露した。サポートキーボードに伊東ミキオ、ゲストに岩川浩二が参加。全国各地から駆けつけた満員のオーディエンスの熱とメンバーの尋常ならざる想いがぶつかり合い昇華した、忘れ難い一夜となった。

     

    11月〜12月
    TOUR 2016『HAIL MARY』 Round 1 再開
    3ヶ所だけで中断してしまっていたRound 1を再開。新作からの楽曲もさることながら博多時代からの楽曲である「BUNNY GIRL」が披露されるなど新旧混在のメニューはバンドの懐の深さを証明した。そして白眉なのが「どうしても伝えたい曲があった」と森山のMCの後に披露された「STAY CRAZY」。客席全員の胸に大きな感動を刻んだ。

     

     11月03日 大阪 BIG CAT
     11月10日 高知 X-pt.
     11月12日 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
     11月16日 仙台 darwin
     11月18日 郡山 #9
     11月22日 富山 MAIRO
     11月25日 札幌 PENNY LANE 24
     11月28日 東京 TSUTAYA O-EAST
     12月04日 熊本 B.9
     12月06日 福岡 DRUM LOGOS

     


  • 2017年(平成29年)


     

    3月
    THE MODS×THE COLTS『LITTLE SCARFACE FESTA 2017』
    SCRAFACE時代の盟友・THE COLTSとのスプリットツアーを全国5会場で展開。同窓会的なライブとは一線を画す、THE MODSとTHE COLTSの “現在” が堪能できるツアーであった。
    また会場&通販限定のスプリットCD『SCARFACE A GO GO』をリリース。

     

     3月11日 新横浜 NEW SIDE BEACH!!
     3月16日 大阪 BIG CAT
     3月22日 福岡 DRUM LOGOS
     3月24日 名古屋 BOTTOM LINE
     3月30日 東京 AKASAKA BLITZ

     

    3月17日
    『THE MODS Beyond the 35th year』発売
    35周年を記念したオフィシャル・ブックがシンコーミュージックより発売された。

     

    3月22日
    ライブDVD『STAY CRAZY』発売
    森山の負傷によるツアーの延期・中止の苦難を乗り越え辿り着いた、ファンとの「約束の地」でもある日比谷野音での一夜を完全収録。

     

    3月26日
    広島市で行われた『キャノンボール・フェスティバル広島2017』のTHE MACKSHOWのステージに森山がゲスト出演。

     

    4月23日
    DUDE TONE LIVE 2017『Walkin’ Blues』#1 新横浜 strage
    苣木寛之ソロプロジェクト【DUDE TONE】の単独でのアコースティックライブ。苣木の音楽性が堪能できるライブが話題を呼ぶ。2017年に計7公演を実施した。

     

    4月26日
    THE MODS Non-DVD Release Pictures of Epic Years』発売
    EPIC時代の未DVD化作品3タイトルを1パッケージに収めたDVD。

     

    5月24日
    THE MODS Non-DVD Release Pictures of Antinos Years』発売
    アンティノス時代の未DVD化作品3タイトルを1パッケージに収めたDVD。

     

    6月21日
    ライブアルバム『GO STOP TROUBLE』発売
    HAIL MARY TOUR 2016/11/28 渋谷公演の模様を収めたライブアルバム。ライブ盤ならではの独特の空気感は秀逸。

     

    6~7月
    DUDE TONE LIVE 2017『Walkin’ Blues』#2
     6月24日 新横浜 strage
     7月01日 金沢 GOLD CREEK

     

    8月2日
    『Amplifier Book Vol.2 THE MODS EARLY BEAT 1981-1989』発売
    初期の10年に焦点を当てたムック本が三栄書房より発売された。

     

    8月
    DUDE TONE LIVE 2017『Walkin’ Blues』#3
     8月3日 福岡 LIVEHOUSE CB
     8月5日 大阪 南堀江knave

     

    8月4日・5日
    THE COLTSの山形公演・大槌イベントに森山が飛び入りで参加。

     

    9月20日
    ライブDVD『LITTLE SCARFACE FESTA』発売
    3月に行われたスプリットライブの模様を映像化。赤坂公演を中心に、ツアードキュメントも収められている。

     

    9月20日
    森山達也(THE MODS)とKOZZY IWAKAWA(THE MACKSHOW, THE COLTS)の共同プロデュースによる、Luv-Endersのデビューアルバム『Luv-Enders’ Invasion!』が発売。

     

    10月〜11月
    TOUR 2017 『ONE SHOT DEAL』
    約1年振りの単独の全国ツアー。定番曲に加え、2017年の世相を映すような選曲が好評を博した。

     

     10月01日 新横浜 NEW SIDE BEACH!!
     10月05日 札幌 PENNY LANE 24
     10月09日 東京 豊洲PIT
     10月12日 広島 CLUB QUATTRO
     10月14日 福岡 DRUM LOGOS
     10月22日 山形 ミュージック昭和Session
     10月27日 HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
     11月03日 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
     11月05日 長崎 DRUM Be-7
     11月10日 HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
     11月16日 金沢 EIGHT HALL
     11月19日 名古屋 BOTTOM LINE
     11月22日 大阪 BIG CAT

     

    11月26日
    足利ライブハウス大使館で行われた『ロックンロールランデブー Vol.100 -15th Anniversary-』に出演。(W/THE MACKSHOW、Luv-Enders)

     

    12月
    DUDE TONE LIVE 2017『Walkin’ Blues』#4
     12月15日 名古屋 TIGHT ROPE
     12月16日 新横浜 strage

     


  • 2018年(平成30年)


     

    1月19日
    名古屋 SPADE BOXで行われた『音楽夜会 -music mafia 01-』に森山がゲスト出演。大貫憲章氏とのトークライブとアコースティックミニライブを行う。

     

    1~2月
    『KOZZY IWAKAWA ACOUSTIC LIVE TOUR 2018 “~THE ROOTS ACOUSTIC STOMP~”』に森山がゲスト出演。

     

    3月
    TOUR 2018『EL SKULL ROLL』
    全国8会場のワンマンツアーを実施。THE MODSの原点ともいえるシンプルでソリッドなステージングで客席を魅了した。

     

     3月02日 新横浜 NEW SIDE BEACH!!
     3月04日 岐阜 club ROOTS
     3月10日 東京 Zepp Tokyo
     3月15日 札幌 PENNY LANE 24
     3月18日 長野 CLUB JUNK BOX
     3月20日 名古屋 BOTTOM LINE
     3月25日 福岡 DRUM LOGOS
     3月30日 大阪 BIG CAT

     

    4月
    DUDE TONE LIVE 2018『Walkin’ Blues』#5
    苣木寛之ソロプロジェクト【DUDE TONE】単独でのアコースティックスタイルライブ第五弾。福岡公演には森山が急遽ゲストで出演した。

     

     4月14日 新横浜 strage
     4月15日 名古屋 BL cafe
     4月21日 福岡 ROOMS
     4月22日 大阪 南堀江knave

     

    4月
    2月に引き続き、『KOZZY IWAKAWA’S “THE ROOTS” ACOUSTIC STOMP アコースティックライブ』に森山がゲスト出演。

     

    5月23日
    2017年に完全生産限定盤として発売された『THE MODS Non-DVD Release Pictures of Epic Years』『THE MODS Non-DVD Release Pictures of Antinos Years』が完売につき、各タイトルが単品にて発売される。

     

    8月
    岩川浩二のツアーに森山がゲスト出演した際に結成されたユニットが【THE GANG BUSKERS】として本格稼働を開始。ライブ、フェス出演を精力的に行う。

     

    9月26日
    ライブDVD『DEAD NOT ALIVE』発売
    2017年豊洲PTと2018年Zepp Tokyo、2会場のライブからベストショットを凝縮したライブDVD。

     

    9月26日
    森山達也(THE MODS)とKOZZY IWAKAWA(THE MACKSHOW, THE COLTS)の共同プロデュースによる、Luv-Endersの2ndアルバム『Luv-Enders’ Explosion!』が発売。M2「Homecoming」は森山達也 作曲、AKIRA作詞による初のオリジナル曲。

     

    9月〜10月
    THE MODS×THE COLTS TOUR 2018『GOOD-BYE SCARFACES』
    昨年に引き続き、THE COLTSとのスプリットツアーを敢行。最終日の日比谷野音は突発的な雨に見舞われ、新たな伝説となりえるライブとなった。
    また会場&通販限定のスプリットCD『汚れた顔の天使達』がリリースされた。

     

     09月29日 仙台 darwin
     10月05日 大阪 BIG CAT
     10月10日 広島 CLUB QUATTRO
     10月12日 福岡 DRUM LOGOS
     10月14日 名古屋 DIAMOND HALL
     10月20日 日比谷野外大音楽堂

     

    12月13日
    『SWITCH LIVE 2018』東京 LIQUIDROOM ebisu
    久しぶりのSWITCH LIVEを行う。久しぶりの楽曲が多数披露されたステージは好評を博した。

     


  • 2019年(平成31年/令和元年)


     

    2月9日

    渋谷 TRUMP ROOMで行われたイベント『不良少年の夜 第六夜』に【DUDE TONE】が出演。

     

    3月6日
    ライブDVD『GOOD-BYE SCARFACES』発売
    THE MODS×THE COLTS TOUR 2018『GOOD-BYE SCARFACES』最終日の日比谷野音ライブを収録したライブDVD。

     

    3月6日
    ミニアルバム『ROCKIN’ CABARET BLUES』発売
    11年振りのアコースティックアルバム。通販・ライブ会場・デジタルリリースにて発売。

     

    3月
    Premium Acoustic Tour 2019『BLUES BRIGADE』
    『ROCKIN’ CABARET BLUES』を携えてのアコースティックスタイルのツアーを敢行。新曲に加え、既存曲のアコースティックアレンジに客席は酔いしれた。

     

     3月10日 仙台 Rensa
     3月14日 広島 チャイナタウン
     3月16日 大阪 千日前ユニバース
     3月23日 福岡 Gate’s7
     3月24日 福岡 Gate’s7
     3月27日 名古屋 CLUB QUATTRO
     3月29日 東京 キネマ倶楽部

     

    5月〜6月
    DUDE TONE LIVE 2019『Walkin’ Blues』Vol.6
    苣木寛之ソロプロジェクト【DUDE TONE】単独でのアコースティックスタイルライブ第六弾。東京公演と名古屋公演には北里がゲストで出演した。

     

     5月06日 静岡 Sunash
     5月11日 岩手 KLUB COUNTER ACTION MIYAKO
     5月12日 仙台 HIGHBURY
     5月18日 大阪 南堀江knave
     5月19日 広島 LIVE Cafe Jive
     5月25日 熊本 ONE DROP
     5月26日 福岡 LIVEHOUSE CB
     6月02日 東京 晴れたら空に豆まいて
     6月07日 愛知 名古屋TOKUZO

     

    8月16日

    南青山MANDALAで行われた『Kozzy Iwakawa’s Guitar Jamboree』に【THE GANG BUSKERS】が出演。

     

    9月25日
    ライブDVD『BLUES BRIGADE』発売
    3月に行われたアコースティックツアーの東京公演の模様を映像化。アコースティックスタイルならではの空気感が堪能出来る。

     

    9月25日
    マキシシングル『BRICK DISTORTION』発売
    アマチュア時代のナンバー「ユ・ウ・ワ・ク」の初CD化。他、新曲3曲を収め、通販・ライブ会場・デジタルリリースにて発売。

     

    10月
    TOUR 2019『KICK ON BOOTS』
     10月04日 浜松 窓枠
     10月06日 岐阜 CLUB ROOTS

     

    10月11日
    森山の持病が再発し、10月の4公演の延期を発表。

     

    10月17日
    森山の治療の為、10月〜11月に予定していた公演の延期を発表。

     

    11月3日
    森山達也(THE MODS)とKOZZY IWAKAWA(THE MACKSHOW, THE COLTS)の共同プロデュースによる、Luv-Endersの7インチアナログ盤『恋することのもどかしさ/The End Of The World』が発売。「恋することのもどかしさ」は森山達也 作曲、森山達也&AKIRA 作詞の楽曲でLuv-Endersがデビューライブから披露していたナンバー。


  • 2020年(令和2年)


     

    1月〜3月
    TOUR 2019-2020『KICK ON BOOTS』再開

     

     1月18日 埼玉 HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3
     1月23日 函館 club COCOA
     1月25日 札幌 PENNY LANE 24
     1月31日 横浜 F.A.D
     2月14日 広島 CLUB QUATTRO
     2月16日 熊本 B.9 V1
     2月21日 高知 X-pt.
     2月23日 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
     2月28日 仙台 Darwin
     3月01日 盛岡 CLUB CHANGE WAVE

     

    3月
    新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、3月に予定していた6公演の延期を発表。

     

    6月1日
    新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、6~7月に開催を予定していたPremium Acoustic Tour 2020『BLUES BRIGADE II』全公演の中止を発表。

     

    6月21日
    2018年12月にLIQUIDROOM ebisuで行われた『THE MODS SWITCH LIVE』の映像をオンラインで配信。

     

    8月3日
    延期となっていたTOUR 2019-2020『KICK ON BOOTS』京都・名古屋・金沢・大阪・福岡・東京の6公演が、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、中止を発表。

     

    8月3日
    1985年以来、35年振りとなる森山達也のソロ名義作品の発売が発表される。

     

    9月23日
    森山達也が【T.MORIYAMMER】名義でのマキシシングル『GET YOURSELF』を発売。
    森山がこよなく愛する先人達からの影響がストレートに伝わって来る、まるでミュージシャンを志した10代に戻ったかのようなピュアなフィーリングを感じさせる楽曲となっている。

     

    9月30日
    徳間時代のベストアルバム『JUNGLE CRUISE 1991~1994』が高音質CDで再発売。

     

    10月24日
    THE MODS FILM GIG『ロックをトメルナ!』オンライン配信
    2016年のフィルムコンサートで上映された映像を再編集して、Streaming+にて配信。2012年~2015年のライブ映像に加え、TOUR 2019-2020『KICK ON BOOTS』の映像も収録された。

     

    11月4日
    9月のマキシシングルに続き、森山達也のソロアルバムの発売が発表される。

     

    12月23日
    森山達也が【T.MORIYAMMER】名義でのアルバム『ROLLIN’ OVER』を発売。
    35年振りに発表されたソロアルバムは森山の音楽的ルーツを掘り下げた作品となっている。またソロという事もあり、歌詞には想いが込められている。

     


© ROCKAHOLIC Inc. All rights reserved.

ページトップへ戻る