1992年(平成4年)

 

3月下旬
ニューアルバムのレコーディングの為、プロデューサーとしてロンドンから土屋昌巳氏を迎え山中湖のスタジオに合宿に入る。

 

3月31日
SCARFACEレーベルの第一弾のアルバム『叛~REBEL』、ビデオ『REVENGE』が1991年度の徳間JAPANのヒット賞を受賞。

 

4月1日
六本木のセディックスタジオにてレコーディング開始。終始好調に進行した。

 

5月5日
『SCARFACE NITE TOUR 1992』スタート。
CLUB CITTA’ 川崎を皮切りに名古屋ボトムライン、大阪アムホール、福岡ビブレホールの以上4ヶ所をJACK KNIFE、KAZUYA、THE 100-S、THE COLTSとともに大型バスに乗り込みツアーを行う。全会場SOLD OUT。

 

7月10日
『COMPLETE LIVE VOL.1』渋谷公会堂
3カ月連続LIVEの初日。ワンマンでは今年初めてということもありチケットは発売日にSOLD OUTとなる。

 

8月15日
BASS北里の急病の為、VOL.2は9月24日に振り替えとなる。

 

9月12日
『COMPLETE LIVE VOL.3』渋谷公会堂

 

9月24日
『COMPLETE LIVE VOL.2』渋谷公会堂(振替)
事前に打ち出しは無かったがVOL.1では初期、VOL.2では中期、VOL.3では後期のナンバーを中心に構成。最終日はアルバム『F.A.B.』の発売日前日ということもあり、たまたま来日中の土屋昌巳氏をゲストに迎え新曲も数曲披露した。

 

9月25日
アルバム『F.A.B.』発売
土屋昌巳氏をプロデューサーに迎えた(『GANG ROCKER』から約9年ぶり)。

 

9月25日
ビデオ『SCARFACES DRIVE』発売
5月の全国4ヶ所のライヴハウスバスツアーの様子をオフステージも含めドキュメンタリータッチでまとめたもの。

 

9月26日
森山が渋谷のレコード店『CDぴあ』にてトークライヴを行う。デビュー以来の初のトークライヴということで整理券を持つ長蛇の列ができ、森山を前にして泣き出すファンもいた。

 

10月5日
仙台市青年文化センターを皮切りに『Fellows And Bullets Tour』がスタート

 

10月19日
テレビ東京の音楽番組『モグラ ネグラ』にて約70分にわたり『森山達也特集』がオンエアー。カメラマンのハービー山口氏、ライターの保科好宏氏、福山雅治氏との対談、アコースティックギターによる弾き語りなどで構成。

 

10月26日
広島アステールプラザ 『Fellows And Bullets Tour』終了

 

11月1日
東京都立商科短期大学晴海祭(W/THE VINCENTS、JACK KNIFE)

 

11月4日
明治大学駿河祭(W/THE COLTS、THE BODYS)

 

12月16日
『SWITCH SPECIAL LIVE』
CLUB CITTA’ 川崎にて行われたMODSファンクラブ “SWITCH” の会員対象の特別ライヴ

 

© ROCKAHOLIC Inc. All rights reserved.

ページトップへ戻る