1986年(昭和61年)

1月8日 名古屋市公会堂を皮切りに『SPECIAL 7 TOUR』がスタート。
このツアーで初めてゲストプレイヤー(サックスのジミー・ウェイヴァーとキーボ ードの朝本浩文)を起用しスケールアップしたステージを展開。またサポートバンドとしてBE MODERNを起用する。(1月30日、2月1日の新宿厚生年金会館までの8回)

 

5月13日 岐阜市民会館を皮切りに『THE LAST WORD TUOR』がスタート。9月26日の福井市文化会館までの全国36ヶ所を回る。前回の『SPECIAL 7 TOUR』と同じくサポートメンバーを起用する。

 

5月18日 『THE LAST WORD TUOR』の東京公演として4年振りに日比谷野外音楽堂でライヴを行う。 初めての野音の時より数倍もスケールアップした豪快なパワーポップが日比谷の森に鳴り響いた。この日TV東京の『ニューエイジ・ミュージック』の中継が入る。

 

7月21日 初のベストアルバム『BEAT ODYSSEY』発売   かつて『NEWS BEAT GIG』の時に無料配布されたソノシートのナンバー『NEWS BEAT』『KNIFE & PISTOL』を収録。12インチシングル 『READY STEADY GO』も同日発売。

 

9月21日 アルバム『CORNER』、シングル『BREAKIN’ MY HEART』発売   11月13・14日 渋谷LIVE INNにて『BRAND NEW BEAT』の前哨戦スパークリングライヴを行う。

 

11月17日 日本武道館にて『BRAND NEW BEAT』ライブ、約8,000人動員。サックスのジミーウェーバーとキーボードの朝本浩文をサポートメンバーに迎えスケールの大きなロックンロールを展開してみせた。

 

12月30日 新宿ツバキハウスにて久々のシークレットライヴを行う。

© ROCKAHOLIC Inc. All rights reserved.

ページトップへ戻る