1973〜1980 1981 1982 1983 1984 1985
1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992
1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999
2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006
2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013
2014 2015 2016 2017

2012年(平成24年)



2月8日
ライブDVD『YA-YA-ROCK ON!!』発売

2011年6月25日、日比谷野外音楽堂にTHE MODSは立った。THE MODSと野音は切っても切り離せないストーリーを紡ぎ出してきた。それは節目節目に発表された数々の映像作品が物語ってくれている。そしてついに30周年である。この日の全てが余すところなく収められた本作品が満を持してのリリースとなった。

4月〜5月
Maxi Single、アルバムのレコーディング。

6月20日
ライブDVD『LOOSE GAME』発売

2011年12月21日、SHIBUYA-AXでのステージを中心にオフショットやインタヴュー、更には「BABY ONE MORE CHANCE」や「MONKEY BUSINESS」のMUSIC VIDEOまでをも追加した贅沢な内容となっている。『LOOSE GAME』というタイトルが示唆する通り、THE MODSの生き様が色濃く反映された作品となった。

7月6日

『THE MODS DRIVE SYNDICATE TOUR』スタート

7月6日 
川崎 CLUB CITTA'
7月10日 
名古屋 BOTTOM LINE
7月12日 
大阪 BIG CAT
7月14日 
福岡 DRUM LOGOS
7月16日 
広島 CLUB QUATTRO
7月20日 
札幌 PENNY LANE 24
7月22日 
仙台 CLUB JUNK BOX
7月28日 
東京 AKASAKA BLITZ

レコーディングスタジオに籠りきりになっていた鬱憤を晴らすかの如く全国8ヶ所をフルパワーで駆け巡ったTHE MODS。久しぶりに演奏された「夜のハイウェイ」や「WILD SIDE TUMBLING」などがコアなファンを唸らせる一方「CIRCUS DRIVE」が初披露され、新旧織り交ぜたステージが好評を博した。
また会場では東日本大震災へのチャリティーの為のMaxi Single『what a wonderful world』を発売した。

8月
ニューアルバムのトラックダウン

10月
アルバムプロモーション&ツアーリハーサル

10月24日
アルバム『JACK & JOKER』発売

通算47枚目のアルバムとしてリリースされた本作。スピード感溢れるパンキッシュな楽曲、ロールする楽曲、心躍るロカビリー、60'sを彷彿とさせるビートミュージック、王道一直線の重量級ロック、そして胸を打つバラッドと、THE MODSの振幅の広さを証明したアルバムとなった。

11月2日
THE MODS TOUR 2012『JACK & JOKER』スタート

11月2日 
浜松 窓枠
11月4日 
岐阜 club ROOTS
11月9日 
大阪 BIG CAT
11月11日 
福岡 DRUM LOGOS
11月14日 
札幌 PENNY LANE 24
11月17日 
山形 ミュージック昭和Session
11月23日 
名古屋 BOTTOM LINE
11月25日 
金沢 EIGHT HALL
11月30日 
高知 X-pt.
12月2日 
神戸 VARIT.
12月7日 
岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
12月9日 
熊本 DRUM Be-9 V1
12月15日 
東京 SHIBUYA-AX

新作アルバムを引っさげて全国13ヶ所を駆け巡ったツアー。JOKER TIMEと称して、「OPERATION BOP」と「TRUMP」でステージ狭しと動き回る森山のアクションが印象的であった。またその最中にトランプをばらまく一幕があったのだが、一枚だけメンバーのサインが記されたスペシャルカードを潜ませていた。それはステージ終了後にバックステージへの招待状となり、各地で幸運の持ち主とメンバーは交流を深めた。

12月31日
dive presents THE MODS SPECIAL LIVE『ROCKA★DIVE NITE vol.5』

12月31日 
福岡 DRUM LOGOS

「森山達也のROCK'N'ROLL DIVE」放送5周年を記念して、久しぶりのカウントダウンライヴを行う。今回は5周年ということもあり、ゲストアーティストとしてYamachang率いる『EL CAMINO』とサイレントコメディー・デュオの『が〜まるちょば』を招いての豪華で賑やかな一夜となった。それぞれの思い溢れる2012年に別れを告げ、新たな期待が膨らむ2013年への橋渡しとなるカウントダウンライブであった。