1973〜1980 1981 1982 1983 1984 1985
1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992
1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999
2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006
2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013
2014 2015 2016 2017

2006年(平成18年)



1月
昨年12月から引き続き『FIGHT OR FLIGHT-WASING』のレコーディング。森山の強い希望により、博多のスタジオで数曲の歌入れ。後、沖縄に渡ってトラックダウン。
下旬、休む間もなくCOMPLETE LIVE TOUR #2のリハーサルを行う。

2月5日
『COMPLETE LIVE TOUR 05-06
  #2 -SCARFACE & ROCKAHOLIC NUMBERS ONLY-』 スタート。

「UNDER THE GUN」「MADE IN U.S.O」といった90年代に作られた楽曲が、2006年の世界を切り裂いた。

2月5日 
博多 BEAT STATION
2月7日 
周南 TIKI-TA
2月9日 
姫路 BETA
2月11日 
京都 MUSE
2月12日 
名古屋 ボトムライン
2月15日 
甲府 KAZOO HALL
2月18日 
東京 LIQUID ROOM ebisu
2月22日 
熊谷 HEAVEN'S ROCK VJ-1
2月25日 
鹿児島 CAPARVO HALL
2月26日 
宮崎 ウェザーキング
2月28日 
日田 スカーフェイス
3月2日 
佐賀 GEILS
3月4日 
長崎 DRUM Be-7
3月12日 
神奈川 横浜アリーナサウンドホール
3月14日 
青森 Quarter
3月16日 
秋田 SWINDLE
3月18日 
仙台 CLUB JUNK BOX
3月19日 
郡山 CLUB #9
3月21日 
新潟 CLUB JUNK BOX

3月8日
ROLLING STONESトリビュートアルバム『RESPECT THE STONES』に「Jumpin' Jack Flash」で参加。

4月8日
『COMPLETE LIVE TOUR 05-06
  #3 -ANTINOS & ROCKAHOLIC NUMBERS ONLY-』 スタート。

苣木の誕生日である4/25島根では、森山が「I CAN TELL」、苣木が「NO REACTION」でリード・ヴォーカルをとるといったサプライズも登場。#3を通してプレイされた「今夜決めよう」で懸命に歌うオーディエンスの顔が印象的なツアーだった。

4月8日 
帯広 メガストーン
4月9日 
札幌 PENNY LANE 24
4月21日 
高知 キャラバンサライ
4月23日 
高松 DIME
4月25日 
島根 グルーヴマシン
4月27日 
広島 CLUB QUATTRO
4月29日 
神戸 VARIT
4月30日 
三河安城 夢希望RADIO CLUB
5月11日 
松本 ALECX
5月13日 
富山 club MAIRO
5月14日 
金沢 AZ
5月19日 
大阪 BIG CAT
5月20日 
名古屋 ボトムライン
5月26日 
水戸 ライトハウス
6月2日 
盛岡 LASTING BAL
6月4日 
山形 ミュージック昭和SESSION
6月10日 
宜野湾 ヒューマンステージ

5月
TOUR #3の合間をぬって、NEW ALBUMの取材などプロモーション。

6月
『COMPLETE LIVE TOUR 05-06 FINAL
 25th ANNIVERSARY SPECIAL GIGS "NOW HOWL NOW"』

6月16日 
福岡県 福岡市民会館
6月24日 
東京都 日比谷野外音楽堂

7年ぶりの福岡市民会館、そして“約束の地”日比谷野外音楽堂で、TOUR FINAL公演を行う。久しぶりの客席があるホールでのライヴ。頭のてっぺんからブーツの先までメンバーが見える状況であらためてTHE MODSのビジュアル的なカッコよさ、スリリングさを披露。また「WALTZ」演奏中に、スクリーンに映し出された25年間のシーンが“詩”とともに、このONE & ONLYなバンドの決して平坦ではない歩みを語りかけた。


6月21日
アルバム『FIGHT OR FLIGHT-WASING』発売

THE MODS 25th ANNIVERSARY PRODUCTSとして、ROCKAHOLICからは1stアルバムを25年目にして再録音、より深く重厚になったサウンドと、ヒリヒリするような緊張感を増した楽曲を産み出したことによって、25年前の自分達へのリベンジを果たした。またこのアルバムには20年以上倉庫に眠っていた伝説の82年“雨の日比谷野音”の映像が
ほぼ全曲DVDとしてパッケージされた。
同日、徳間ジャパンからSCARFACE時代のオリジナルアルバムの紙ジャケ仕様盤、SONYから初期の映像作品2タイトルの初DVD化、そしてエピックからトリビュートアルバム『〜SO WHAT!! Vol.2』が揃って発売され、店頭を賑わした。

7月
フジテレビ「69★TRIBE」に森山が出演。THE MODSのヒストリー、若い世代へのメッセージ等が4週にわたってオンエアされた。

9月
年末のTHANXGIVING TOURの来場者プレゼント用CDのレコーディングを藤沢INNIGスタジオにて行う。

9月20日
 
エピック時代のオリジナルアルバム12枚と未発表ビデオクリップや当時のTV番組「eZ」からの映像が収録されたDVDがパッケージされた限定BOXセット『RATTLESNAKE BOX』が発売。
また、音楽専科社より、2年に渡る長期取材を行い25年間のインナー・ヒストリーともいえるエピソードを一冊の本にしたヒストリーブック『THE MODS・IN THE NAME OF ROCK』が限定発売された。

9月24日
丸3年続いたFM大阪「森山達也のROCKAHOLIC RADIO」が最終回オンエア。

10月
森山、体調不良により緊急入院。予定していた10/27のイベント出演をやむなくキャンセル。


11月26日

THE MODS LIVE 2006『THANXGIVING TOUR』 スタート。

森山も復活、26日よりツアーをスタート。このツアーではタイトルが示す通り、THE MODSからファンに向けて感謝の気持ちを、スタジオ・ライヴCD『ROUCH SHUFFLE』という形にして各会場で来場者全員にプレゼントされた。

11月26日 
札幌 PENNY LANE 24
12月1日 
SHIBUYA-AX
12月3日 
大阪 BIG CAT
12月8日 
名古屋 ボトムライン
12月10日 
金沢 エイトホール
12月17日 
山形 ミュージック昭和SESSION
12月30日 
福岡 DRUM LOGOS
12月31日 
福岡 DRUM LOGOS

12月31日
福岡 DRUM LOGOSにてマックショウTHE TRAVELLERSをゲストに迎え、25周年を締めくくるカウントダウンライブ「LITTLE SCARFACE NITE」を行う。